彼女に中出ししたい!生挿入でセックスしても妊娠しない方法

セックスの悩み

彼女に中出ししたいけど、妊娠が心配。

彼女に中出しするのは男のロマン。

でも、まだ子供を作る予定がないなら、彼女への中出しはなかなか難しいですよね。

彼女に中出しで問題になるのが、「避妊」と「性病」です。

この二つをクリアすれば、コンドームなしで彼女と中出しセックスを楽しめます。

彼女に中出し、避妊しながら安全に楽しむ方法を紹介します。

彼女に中出しするメリット

彼女に中出しするメリットをおさらいしましょう!

彼女に中出し、本能が求める尊い行為

彼女に中出しする、これは子孫繁栄に欠かせないとても尊い行為

彼女の子宮に精子を届けるのは、男性の本能。

男性は精子が大好きな彼女に注がれることに、女性は大好きな彼の精子を子宮で受け止める幸福感を味わえます。

避妊しているなら、妊娠目的ではありませんが、本来、妊娠する神聖な行為をする感覚がたまらないんですよね。

中出しは外出しとは格別に満足感が違います。

俺の子供を孕め!

とか言いながら、彼女に中出しし、精子をまんこに注ぎ込むと、気持ちよさは倍増します。

彼女に中出し、生はめセックスは気持ちいい

彼女に中出しするなら、生はめセックス、生挿入は必須です。

生はめセックスは、とても気持ちが良いです。

まだ彼女のまんこに生挿入したことがない方は、ぜひ彼女にお願いして生挿入させてもらいましょう。

最近では、0.01ミリなど極薄コンドームもありますが、ゴムありと生挿入では天と地ほどの差があります。

さらに彼女に中出しする場合、生でちんこを挿入して、精子が出るまでセックスできるので、気持ちよさが半端ないです。

生挿入・中出しだと、コンドームの交換が不要で、射精したあとそのまま抜かずに2回目の射精まで、止まらずに中出しもできちゃいます。

彼女があなたのちんこを生で挿入されるのに、抵抗があることもあると思いますが、しっかりと性病予防と避妊をしていれば何も怖いことはありませんから、安心して生で挿入できるでしょう。

彼女に中出し、準備と心構え

彼女に中出しする前に知っておきたい知識と準備、心構えを確認しましょう!

彼女に中出し、避妊なしで妊娠する確率は?

彼女に中出し、避妊せずに妊娠する可能性はどのくらい?

  • 今まで、避妊をせずに彼女に中出しをしたことがあるけど、妊娠しなかった
  • 彼女とセックスするときはコンドームはつけない

こんな経験がある方も多いと思いますが、避妊をしないで彼女に中出しした場合、実際にはどのくらいの確率で妊娠するのでしょうか。

統計では、避妊もせずにそのまま彼女に中出ししたら、8%の確率で妊娠するというデータがあります。

8%といったら、16回中出しして1回の確率で妊娠します。

しかし、これはあくまで統計によるもの。

個人差が非常に大きく、彼女に中出しして一回で妊娠することもあれば、何十回中出ししても妊娠しないケースもあります。

彼女に中出しするたびに妊娠するなら、不妊に悩む夫婦もなくなり、それはそれで良いことですが、同時に意図しない妊娠も多くなっちゃいますね。

彼女と自分の体調や、卵子、精子の状態などで左右されますが、条件が揃えば一発で妊娠する確率も低くはありません。

なので、「いつできても問題ない!」という状況でないなら、避妊なしでの彼女への中出しは控えましょう。

彼女に中出し、性病は必ずチェック!

彼女に中出しする…ということは、コンドームを使わずに生でのセックスが必須です。

コンドームは避妊の役割もありますが、性病を予防する機能もとても優れています。

また、コンドーム以外の避妊方法は性病を予防できません。

お互いに性病に感染していないか、しっかりチェックしてから中出しにチャレンジしましょう。

性病は病院で診察したり、性病検査キットでチェックすることができます。

「長年、彼女とセックスしているが性病になったことがない」「お互いその他の異性とセックスしていない」という状況なら、問題はありません。

彼女に中出し、妊娠とでき婚は覚悟

彼女への中出しはどんなに注意しても、彼女を妊娠させる可能性はゼロではありません。

妊娠で大きなリスクがあるのは女性です。

しかし、男性としては当然気遣わなくてはいけませんね。

中絶は女性の体に大きな負担をかけ、最悪の場合、二度と妊娠できなくなります。

もし彼女が中出し妊娠したら、「でき婚」も想定しておくべきです。

「結婚なんてまだ考えられない」「責任を取るつもりがない」なら、彼女と中出しセックスを楽しむ資格はありません。

今は少子化とともに、結婚する人々も少なくなっている時代です。

これを機に、縁だと思って結婚をして幸せな家庭を作ることも良い選択肢だと思います。

彼女に中出し、女性主体の避妊

彼女に中出しするときの避妊方法として、女性主体(避妊に対して女性が決定権がある)で、現在日本で行われている主な方法をまとめました。

彼女に中出し、リズム法で安全日を特定する

彼女に中出しをするために、安全日を予測してセックスする方法です。

リズム法は彼女の月経周期によって起こる体の変化をもとに、妊娠しにくい日を予測します。

リズム法の中でも基礎体温法では、排卵期が近いと基礎体温が上がることを利用し、基礎体温が低い時期が安全日になります。

月経周期が安定していて、基礎体温が低温期と高温期にくっきり区別できる女性に有効。

より精度を高めるために、規則正しい生活や毎日の基礎体温の計測が欠かせません。

ただし、基礎体温は彼女の体調の変化で変動することもあり、安全日が予測しにくい時があります。

予測が間違っていた場合、妊娠する確率が非常に高くなってしまうので注意です。

また安全日に中出しして妊娠する例はとても多いです。

リズム法のみでは確実な避妊はできません。

他の避妊方法と合わせて、あくまで、補助的に利用するのが良いでしょう。

彼女に中出し、低用量ピルを服用する

彼女に中出しするために、彼女に低用量ピルを服用してもらう方法です。

海外では割と普通な避妊方法で、○○では約4割の女性が常用しています。

日本で使用している割合はわずか数%ですが、避妊のために使用している女性もいれば、生理痛の緩和のために服用している女性もいます。

彼女が低用量ピルを服用するメリット、デメリットは以下の通り。

メリット
  • 生理周期が安定する、時期をコントロールできる
  • 生理が軽くなる、生理痛を緩和する
  • 肌ツヤが良くなる(個人差あり)
  • 胸が大きくなる (個人差あり)
デメリット
  • 副作用がある (個人差あり)
  • 血栓症のリスクが若干高まる
  • 頭痛や吐き気を催す場合もある (個人差あり)

彼女が喫煙している場合、使用することはできません。

また、個人差がありますが肌ツヤが良くなったり、ホルモンバランスの影響で胸が大きくなったとレビューしている方も多いです。

ただし、人によっては頭痛や吐き気等の副作用に苦しむ可能性もあるので注意です。

また、低用量ピルは毎日飲みます。飲み忘れた場合は避妊が確実ではなくなります。

彼女に中出しする際は今日ちゃんと服用したか確認してください。

もともと彼女が低用量ピルを服用していて、互いに性感染症の心配がなければ、すぐに中出しをしても大丈夫です。

彼女と中出しセックスをしたい男性にとっては、とってもラッキーですね。

彼女に中出し、アフターピルはあくまで緊急用

彼女に中出しを避妊せずにしてしまった場合、アフターピル(緊急避妊薬)を使って妊娠を防ぎます。

アフターピルの種類にもよりますが、彼女へ中出ししてからだいたい3日(72時間)以内に服用すれば、98%程度の確率で避妊が可能です。

セックス後にコンドームが破れていたなど、避妊が失敗していたら、できるだけ早く専門の婦人科に行き処方してもらいましょう。

アフターピルの費用は、ノルレボやノッペ法、国産か海外品か、ジェネリックかなどの種類があり、各種4000円~15000円程度かかります。

ノッペ法は4000円程と低価格ですが、副作用が多いのが特徴です。

アフターピルは効果が高いですが、価格も高いので、彼女に中出しのたびに使用するわけにはいきません。

コンドームが破れていた、飲んだと思った低用量ピルを飲んでいなかった時など、あくまで緊急用に利用するのに適しています。

彼女に中出し、ミレーナで産後の性生活を向上

彼女に中出しをするために、彼女に子宮内避妊用具である「ミレーナ」を装着してもらう方法です。

ミレーナは直接子宮に器具を入れ、受精卵の着床や精子が子宮内に侵入するのを妨げることで、避妊効果を発揮します。

1年間の間に妊娠する確率はおよそ0.2%と、とても避妊率が高いです。

ミレーナは装着する際にだいたい3~8万円の費用が掛かりますが、一度装着すると5年ほど避妊の効果があります。

低用量ピルは毎月3千円ほどの薬代がかかるとすると、1年で3万6千円、5年だと18万円もかかります。

これを考えると彼女と中出しセックスしたいなら、ミレーナの方が経済的だと言えるかもしれません。

ミレーナは直接子宮に器具を入れるため、子宮口が狭いと装着できないこともあります。

ですので、基本的にミレーナは出産経験のある女性が長期の避妊のために使用することが推奨されています。

彼女というより、子供を産んだ後、妻に装着してもらったり、奥さんの方から進んで装着したりして、夫婦のセックスライフを楽しんでいる方が多いですね。

ミレーナを取り外すことで、また妊娠ができる体になりますので、安心して避妊ができます。

彼女に中出し、男性主体の避妊

彼女に中出しするのに、男性主体の避妊方法をまとめました。

彼女に中出し、パイプカットで彼女以外もOK

彼女に中出しするためにする、男性用の不妊手術で、パイプカットとも呼ばれます。

男性の精液に精子が入らないようになる手術をし、今後一切子供を作れなくなる可能性があります。

精液に精子が含まれず、妊娠させることがないので、どんな女性相手でもいつでも安心して中出しできるのが最大のメリット。

性病の心配がないなら、いきなり生セックスで彼女に中出ししまくっても大丈夫です。

女性側に特別な準備が不要なので、女性に負担をかけることもありません。

ワンナイトラブの関係でも、もちろん中出しができるんです。

ですので、パイプカットは特定多数の女性や、彼女以外と中出しセックスがしたい男性に最適です。

最大のデメリットは二度と子供が作れなくなる可能性があること。

「すでに子供がいて、これ以上作る気がない。」「パートナーと子供を作る気がない」など、

もし今後一切、子供を作る予定がない男性であれば、選択肢の一つとして考えても良いでしょう。

彼女に中出し、男性用ピルは期待の星

彼女に中出しをする手段として、将来的に最も期待ができるのが男性用ピルです。

現在ではまだ実現していませんが、女性の低用量ピルの男性版として、男性用ピルが開発が進められています。

男性用ピルは女性に負担をかけず、男性主体で避妊が行えるとても画期的な手段になります。

パイプカットのように手術することなく、ピルを服用するだけで、彼女に限らず、どんな女性にも生セックスや中出しができるようになる夢の手段ですね。

男性用ピルの開発が成功し、コンドームのように手軽に手に入れられる時代になれば、避妊という文化が大きく変わるものになると思います。

性感染症の恐れがない状況では、ほとんどの男性は男性用ピルを服用することで、コンドームを利用しないことが多くなるでしょう。

日本は女性用ピルの認可が遅かったこともあり、男性用ピルも遅くなるかもしれません。

しかし、合法であれば、他国で販売が開始されたら個人輸入で取り寄せて少しでも早く利用してみたいですね。

ということで、彼女に中出しする手段として、将来的に最も有望なのはこの男性用ピルの服用です。

パイプカットの最大のデメリットである「将来子供を作れなくなる」心配もありませんし、手術の必要もありません。

さらに、彼女に関わらず、不特定対数の女性に中出しセックスし放題です。

僕はこの男性用ピルが日本で認可を受けたら、コンドームの売り上げが激減するんじゃないかと思います。

お互い性病でないことを確認できれば、あとはコンドームいらずの、彼女と中出ししまくりですからね。

早く開発・実現されることを祈りましょう。

彼女に中出し、おすすめ体位

彼女に中出しする準備が整ったら、どんな体位で中出しするかおすすめをまとめました。

彼女に中出し、種付けプレスで膣奥に射精

彼女に中出しする際は、まずは「種付けプレス」を試してみましょう。

種付けプレスは、種付け専用の体位で、膣の奥深くに精子を流し込みます。

正常位で彼女の足をマン繰り返しに近いくらいに持ち上げ、まんこの入り口を上向きにします。

そこへ、ちんこを上から下に叩き込むような形で挿入し、そのまま彼女に中出し、まんこ奥深くへ精子を流し込みましょう。

重力に引かれ、彼女に中出しした精子が子宮へドバドバと向かい、高い達成感が味わえます。

彼女に中出し!まとめ

彼女に中出しするすべての準備が整ったら、満を持して中出しセックスを楽しみましょう!

タイトルとURLをコピーしました